55歳以上社員処遇支援

「55歳以上社員」処遇施策の支援

「55歳以上社員」の処遇に頭を悩ませていませんか?

「人生100年時代」、「超高齢社会の到来」「年金支給開始年齢引き上げ」「定年延長」「介護離職問題」「役職定年」・・・社会・雇用環境の変化の波が着実に押し寄せている中、特に「55歳以上社員」の処遇に関して頭を悩ませている企業、そして人事部の方々は多いのではないでしょうか。

多くの企業では、55歳~58歳の間に役職定年となる制度を設けており、年収の大幅ダウンがそれに伴います。以降、昇進・昇給というモチベーションは失われ、「55歳以上社員」は会社の「お荷物」ともなりかねません。

「55歳以上社員」の新しい

一応、技術・ノウハウの次世代への継承や、後進を支え指導する役割が期待され、本人もそれを自覚はしています。とは言え、業種・業界によっては、彼らの培ってきたノウハウが、必ずしも有効でなかったり、本人の資質、そして彼らと接する若年社員との意識とのズレがあるなど、そのような、"とってつけたような"役割が、会社にとっても55歳以上社員にとっても、本当に幸福なあり方なのかどうか、疑問ではないでしょうか。

会社の人事部としての職責上、55歳以上社員を処遇する何らかの制度設計は必要でしょう。ですが問題は、「55歳以上社員」それぞれの個性にあったキャリアパスについて真剣に考え、寄り添い、会社にとっても本人にとっても最適なソリューションをみつける取り組みが真剣になされていないことです。

「55歳以上社員」の処遇へ向けての私たちの提言

「55歳以上社員」がどんどん増えていくという社会にあって、彼らを雇用する企業の責任も大きなものとなっていきます。そこで、当社が主宰する相互支援・協業コミュニティであるアントレプレナーズ・ネットワーク(EN)のメンバーを中心に、そのような企業がこれからとるべき人事政策について、一石を投じる目的で無料レポート「『55歳以上社員』の新しい"取説"」を制作しました。

その冊子の中で述べた、私たちの主張・提案は、下記のとおりです。

  • 会社は「55歳以上社員」個々の「強み」「適性」に基づく「生きがい」をみつけるサポートをする役割を果たしていく必要がある。そうしなければ、不活性ベテラン社員の存在が、企業の活力を奪っていくことになる。

  • 「55歳以上社員」の「生きがい」を満たすには、社員としての雇用、すなわち彼らを社内にのみとどめておこうする従来型の人事政策は窮屈で無理があり、定年を延長すればするほど、その矛盾が大きくなる。その問題を解消するためには、彼らの社外での活躍(副業)を容認する制度の導入が不可欠である。

  • 上記の施策を進めることにより、「55歳以上社員」の活性化を実現し、退職後は会社にとって"永遠のサポーター"になってもらえるようなWin-Winの関係を構築していただきたい。

上記を進めるにあたっては、貴社人事部サイドで考える社員個々のキャリア方針を立案すると共に、社員本人が自身のキャリア設計を行なうことが前提となります。「55歳以上社員」については、はおおまかに下記の3つのキャリアパスに分かれます。

社内キャリアを追求する
本人のキャリア設計に基づき、取締役への昇任、あるいは関係会社等への出向(転籍)に適している方は、その道を進んでいただきます。これは従来の人事制度で既にカバーされているキャリアパスだと思われます。
社内外で通じるキャリア(特に後進指導)を追求する
本人のキャリア上の希望があり、かつ会社の期待と合致する場合は、特に後進の指導に必要なスキルを修得し、活躍いただきます。このスキルは、社内で活用できるだけでなく、社外でも通用するスキルであることにより、十分な収入を確保できる道が開かれます。そのような社外での活躍を視野に入れると、一定のルールを設けた上で、副業を容認することも検討いただく必要があります。
社外へ飛び出すキャリアを追求する
いずれは独立を目指し、在職中から自分のビジネスを副業(週末起業)で立ち上げていくことを会社が容認あるいは支援します。可能であれば、退職(独立)後、外注業者として会社との取引関係をつくり、Win-Winの関係を構築します。

上記を推進するために、私たちは下記を通じて貴社をサポートします。

キャリア設計サポート

【ウェルスダイナミクス・プログラム】
長年のキャリアを通じて培われた「強み」や「適性」を見極めるために、「ウェルスダイナミクス」の考え方に基づくプロファイルテストを受検していただくと共に、専門認定コンサルタントによる受検結果へのアドバイスにより、その後のキャリアの方向性を見い出していただきます。
ウェルスダイナミクス・プログラム詳細
【リブートコーチング(または研修)】
長年にわたるキャリアのたな卸し、自分と会社との関係性の見直しを、専門技能を持つコーチによるコーチングまたは研修によりサポートします。プロファイルテストの結果も参考にしながら、今後のご自身のキャリアを設計していただきます。
※リブートコーチング(45歳以上の社員対象
40代社員向けキャリアデザイン研修
50代社員向けモチベーションアップ研修

社内外で活躍するスキル修得のサポート

【研修講師育成プログラム】
ベテランの知識・ノウハウを活用・継承するために、社内研修の講師として活動していただくことを目指します。本人が希望すれば、社外でも研修講師として活躍するためのノウハウを伝授します。
ベテラン社員社内講師化コンサルティング
財務戦略決断ゲーム インストラクター養成プログラム
【コーチ育成プログラム】
効果的な人材育成のノウハウとしてコーチングが注目されています。人材育成をマンツーマンでサポートする社内コーチとして必要なスキルを修得いただきます。本人が希望すれば、社外でも独立プロコーチとして活躍できるレベルを目指します。
社内コーチ育成&認定プログラム
メンタリングマネジメント研修
【コンサルタント育成プログラム】
長年の実務で培ったスキルやノウハウを活用し、社内コンサルタントとして活躍する道を開くプログラムです。本人が希望すれば、社外でもコンサルタントとして活動できるレベルを目指します。
コンサルタント起業支援プログラム

社外で活躍するためのサポート

【週末起業(副業)実践プログラム】
いずれは独立を目指し、自分のビジネスを在職中から副業(週末起業)で立ち上げていくことを支援します。可能であれば、外注業者として会社との関係性を維持します。
副業(週末起業)スタートアッププログラム
セカンドライフ講師独立準備コンサルティング