その他講座

  • HOME
  • その他講座
  • コンサルタント、コーチのためのビジネスモデル発想法講座 - 基礎講座

コンサルタント、コーチのためのビジネスモデル発想法講座 - 基礎講座

本当にコンテンツと集客さえできれば稼げますか?

7種22分類のビジネスモデル発想法とは

7種22分類のビジネスモデル発想法とは、もともと起業家が新しい事業アイディアを発想するために開発されたプログラムですが、講座を開設して意外にコンサルタントやコーチ志望の方に好評なので今回コンサルタント(含む研修講師)、コーチの方向けに講座を開講しました。

この手のビジネスではコンテンツの水準が高くて、SNSなどを駆使してうまく集客すればどんどん稼げると思っていませんか?

確かにコンテンツと集客は必要条件だと思いますが、ビジネスモデルを考えて展開しないとうまくいったとしても、やたらと忙しいわりにはあまり稼げないということになりがちです。

この講座は以下のような方にピッタリです。

  • コンサルタントやコーチとして起業しようと考えているが不安な方
  • すでに起業しているが継続的に顧客が取れず将来に不安を感じている方
  • 毎日が忙しいわりにはあまり稼げないと思われている方


私自身も自分のコンテンツに自信がありSNSや人的交流で集客さえできればどんどん稼げると思っていました。

幸いにも1年くらいである程度の売上はあげられるようになったのですがそこから先はとにかく忙しくなったのもかかわらず売上が鈍化してきました。

ぱったりと仕事があまりない時期があると集客で忙しく、忙しくなると集客がおろそかになり仕事が減ってくることの繰り返しだったのです。

そんな時に出会ったのが今まで6000社の支援を通じて体系化してきた7種22分類に凝縮したビジネスモデル発想法です。

これはご自身が複数の事業のオーナーでもある中山匡氏が開発した手法で、ポイントとしては1061社の小資本で思考した企業のビジネスモデルを丹念に調査した結果、そのパターンはわずか7パターンしかないことがあげられます。

細かく分類しても22分類しかありません。

そしてそれぞれのパターンを組み合わせることによりオリジナルのビジネスモデルを創り出しているわけです。

b_model01.png

つまりあなたは7種22分類の中から自分に合ったパターンを見つけて、組み合わせていけば、あなた自身のオリジナルのビジネスモデルを作っていけるわけです。

この講座ではこの7種類22分類のビジネスモデル発想法を学びます。

ビジネスモデルを構築することの利点は事業に継続性、安定性が出ることです。

私のケースですと一人コンサルタントでこじんまりとやってきたこともあり年商1000万を少し超えた程度でうろうろしていた売上も、従業員を雇わず年商2000万、3000万を狙えるレベルになってきました。

その手法については、下記のような代表的なマスコミ各社、ビジネス誌でも「小資本ビジネスモデル7種類22分類」の手法として紹介されています。協会アワード2013受賞。

b_model02.png

受講者の声

  • 「フレームワークに当てはめて考えることでよりクリアーにイメージできるようになった」
    (川西 祟弘様) 

  • 「自分が考えたアイディアを型に当てはめて再考してみたい」
    (平田様) 

  • 「新しいと思われることをまずワクにはめてイメージ化、見える化していきたい」
    (鹿島 修二様) 

  • 「7つの視点をもとにビジネスモデルを考えてみる」
    (J.S様) 

講師紹介

川井隆史(かわい・たかし)

  • 内閣府 (財)日本生涯学習協議会 認定ビジネスモデルデザイナー®
  • 経産省認定経営革新等支援機関、公認会計士・税理士・MBA

  • 慶應義塾大学経済学部卒業後中小企業支援を夢見て政府系金融機関である日本政策金融公庫(当時国民金融公庫)に入庫。しかし、自分のスキルの低さや実際のビジネス経験の乏しさに限界を感じ公認会計士資格を取得し、当時世界最大級の会計・コンサル企業であったアーサーアンダーセンに転職、その後米コカ・コーラやGEなどのグローバル企業で事業計画の責任者などに従事する。
  • その経験を生かし外資系日本法人のCFOや上場ベンチャー企業の役員などを経てT&Aマネージメントを創業。起業家・ベンチャー企業の経営改善・新規事業開発支援・税務会計コンサルティングなどを行っている。
  • 著書に「外資系エリートのすぐ成長する仕事術」日本実業出版社 「部長の仕事術」 アスカ出版(2017年3月出版予定) があり、その他日経ビジネス,近代中小企業など取材・執筆多数

講座内容

基礎講座では7種類22分類のビジネスモデルのパターンの紹介となぜこれを用いると新しいビジネスモデルが生まれるかについて具体例を挙げて解説していきます。

  1. ビジネスモデルとは何か
  2. ケーススタディ(ビジネスモデルの創出法)
  3. ビジネスモデルをリ・デザインするためには
  4. なぜリ・デザインは難しいのか?
  5. ビジネスモデル発想のための7種22分類のパターンの紹介
  6. 7種22分類のパターンを用いたビジネスモデル構築演習
  7. どの分野で新しいビジネスを立ち上げたいかわからない場合はどうするか?

『コンサルタント、コーチのためのビジネスモデル発想法講座 - 基礎講座』開催日程

ご参加希望の日程をクリックください。


開催概要

開催場所

神保町 アンテレクトセミナールーム

東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビルヂング4階
神保町駅 A5出口 徒歩4分、小川町駅 B5出口 徒歩7分、新御茶ノ水駅 B3a出口 徒歩7分
[アクセスマップ]

講師

  • 川井隆史(かわい・たかし)

定員

  • 各回4名
    ※少人数制となりますので、お早めにお申込みください。

受講料

  • 5,400円(税込み)