その他講座

  • HOME
  • その他講座
  • ~集客ゼロ!広告宣伝一切必要無し!サラリーマン副業も可!~
     案件特化型コンサルタント育成セミナー

~集客ゼロ!広告宣伝一切必要無し!サラリーマン副業も可!~
 案件特化型コンサルタント育成セミナー

『サラリーマンのための週末コンサルの教科書』出版記念セミナー

「案件特化型コンサルタント」のニーズが高まっています!

案件特化型コンサルタントとは、数ヶ月の短期間で中小企業の抱えている特定の課題案件を解決する専門家です。

従来から主流である長期契約的な顧問コンサルタントではなく、現在抱えている課題や懸案事項を短期間で一気呵成に解決してくれる知識経験と能力を持った人材が、案件特化型コンサルタントとして求められています。

背景には中小企業の人材の不足が挙げられます。多くの中小企業では、コンサルタントに高額な報酬を支払ってでも、2020年までに自社の経営基盤をより強固なものにしようというマインドが高まってきています。

そのような時代の要請を受けて注目されている「案件特化型コンサルタント」が手掛ける案件は、日を追うにしたがってますます増加しており、専門知識とコンサルティング経験のあるサラリーマンの活躍が求められています。

当セミナーでは、そのような「案件特化型コンサルタント」として活躍し、成功するためのノウハウをお伝えします。

どんな「案件」があるのか?

具体例としては、次のような短期案件があります。

(案件例1):中小企業メーカーの法人開拓営業支援
 ・仕事内容:取引先拡大のため営業開拓法人の抽出と同行訪問による営業開拓
 ・訪問場所:東京都内
 ・出社頻度:月3回程度、土曜も可
 ・期間および報酬:3ヶ月、30万円/月+成功報酬

(案件例2):中小不動産会社の不動産コンサルティング営業支援
 ・仕事内容:銀行等の金融機関と協力して中小企業オーナーが保有している余剰資産の有効活用を提案する
       自分でも見込み客訪問を行う
 ・訪問場所:東京都内
 ・出社頻度:月2~4回、土日
 ・期間および報酬:6ヶ月、20~40万円/月+成功報酬

(案件例3):中小企業メーカーの製造ライン支援
 ・仕事内容:製造ラインの品質管理指導
 ・訪問場所:神奈川県
 ・出社頻度:月2回
 ・期間および報酬:6ヶ月、40万円/月

(案件例4):中小企業メーカーの分析業務支援
 ・仕事内容:分析検査業務支援、及び分析に関わる研究員指導
 ・訪問場所:東京都内
 ・出社頻度:応相談(月3~4回程度)
 ・期間および報酬:6ヶ月、30万円/月~

(案件例5):情報通信企業の業務支援
 ・仕事内容:プロジェクトマネジメント
 ・訪問場所:東京都内
 ・出社頻度:週1~2回程度
 ・期間および報酬:6ヶ月、応相談

現時点でも次々に新しい案件が発生しています。

「案件」はどのようにして獲得するのか?

上記のような「案件」は、企業戦略上において極めて重要な内容であることから秘匿性が高く、それゆえ「非公開」となっています。企業が短期間で高額報酬を支払ってもよいから強化したい業務というのは、その企業にとって将来の成長を左右する重要な機能を持つ業務であることから、他社には絶対に知られたくない依頼業務内容なのです。

非公開であるがゆえに、中小企業は課題案件を解決できる人材を見つけるのが非常に困難です。その一方で、このような非公開案件のみを扱うディストリビューター機能を持つ専門のプラットフォームが昨年から生まれている状況があります。当セミナーでは、そのプラットフォームを利用し、集客や広告宣伝に苦労することなく具体的な希望案件を獲得するための「準備」、「プロセス」、「方法」について、詳細にご説明させていただきます。

もちろん、案件を獲得することだけでなく、重要なのは、獲得した案件を顧客企業の希望通りに確実に遂行することです。確実に成し遂げることによって中小企業に貢献することです。それゆえ案件を獲得するためには、案件遂行に求められる基本的なコンサルティング知識やノウハウを身につけておくことが必要です。そのあたりも、このセミナーでじっくりとお話しさせていただきます。

案件」の一部事例紹介

「案件特化型コンサルタント育成セミナー」参加者が、これまでに獲得した「案件」の一部事例をご紹介します。

<K・ Nさん 男性>
 Nさんは大学院まで工学部系で来られた技術系の方です。大手メーカーに勤務されていましたが、この「案件特化型コンサルタント育成セミナー」に参加する半年ほど前に退職されて新たな道を探っていました。そんな折に(株)アンテレクトからのメルマガの中でお伝えしている「案件特化型コンサルタント育成セミナー」に非常に興味を持って参加されました。
 Nさん独自の「武器」作りをしながら、一方で「案件特化型コンサルタント育成セミナー」獲得のための専門知識とノウハウを修得し、早速1件目を獲得しました。案件はSEを対象としたネットワーク関連講座の講師でした。毎週末2日間の連続開催で期間は3ケ月間、月に4クールで80万円/月の高額報酬案件を獲得したのです。Nさんは月に数回という案件を獲得しながら将来的にNさん本来の技術革新系のコンサルタントを目指して一歩一歩計画的に取り組まれています。

<T・ Kさん 男性>
Kさんは元々ロジスティクス関連の企業にお勤めの方でした。効率的な倉庫配置に関する企画立案から倉庫運営ノウハウ、販売店舗までの最適輸送ルートの検証方法など専門的な知識ノウハウと成功実績を持っていました。
 Kさんは最初、自分の得意分野であるロジスティクス分野の案件はなかなか見つからないのではないかと心配していましたが全くそのような心配は必要ありませんでした。
各企業がライバル企業から競争優位に立つために、今日では多くの企業がさらなる効率化を目指し自社のロジスティクス分野に注目し見直しを図っているからです。
Kさんは自分の専門分野であるロジスティクス関連の案件を獲得しました。期間は週2~3日で3ケ月間、70万円/月でした。Kさんは短期案件ではあるが自分で広告宣伝しなくてもいいことが大変楽であること、そして一つひとつの案件業務が自分の新しいノウハウ蓄積になっていきますと感想を述べられていました。Kさんには次の案件のオファーがきています。

<D・Aさん 男性>
Aさんは大手電機メーカーで20年以上勤務した方でしたが、そのほとんどが管理部や商品開発部などで企画立案業務を担当してきました。数年前から研修講師をしていましたが、講師業界もデフレ経済の中で講師料がどんどん下がっていったといいます。そんなことから自分の得意な専門分野の知識を活かして特定案件を獲得していきたいと参加しました。
 Aさんにはすぐに案件の紹介がきました。それは某大手製造メーカーの国内戦略の見直しという戦略構築系の案件でした。期間は3ヶ月間で報酬額は200万円/月でした。Aさんはこの最初の案件を見事にこなしました。現在、Aさんは次の案件に取り組んでいます。

<M・Yさん 男性>
Yさんは機械メーカーにお勤めの方です。Yさんに依頼がきた案件は某企業の役員会に出席して専門家としての意見を聞かせてほしいというものでした。このオファーが来た時にYさんはこんな案件もあるのかと思ったといいます。毎週月曜日、午前の約2時間で月4回でした。報酬は1回当たり16万円でした。Yさんは毎週月曜日の午前中のこの案件をフレックスタイム制を利用したといいます。このYさんのように会社の就業時間が年々自由度を増していることもさまざまな種類の案件を獲得する上でメリットになっています。

この他にも多くの成功事例がございます。

プログラム内容

  1. 「案件特化型コンサルタント」の仕事内容
  2. 2015年初頭から案件急増の理由
  3. 集客活動もセミナーも広告宣伝も一切必要ない理由
  4. 高額報酬の理由
  5. サラリーマン副業として今後注目される理由
  6. 大手企業や中小企業から急増している案件を知る方法
  7. 案件獲得のための「事前準備」、「手順」、「詳細ノウハウ」
  8. 継続的に希望案件を獲得する秘訣
  9. 希望案件獲得のための強力な「武器」
  10. コンサルティング能力が必要な理由
  11. コミュニケーション能力が重要な理由
  12. 案件特化型コンサルタントとして成功する3つのポイント
  13. どうすれば一番効果的か、会社にバレない副業対策

なお、当日は2回のワークショップを通じて具体的に一歩踏み込んでいただきます。

担当講師

鈴木誠一郎

鈴木誠一郎(すずき・せいいちろう)

大学卒業後、日産自動車株式会社に入社し28年間勤務する。入社後、すぐに栃木工場の自動車製造ラインに入り組み立てを実習する。その後、札幌で自動車セールスマンを2年間経験し本社に復職する。営業部を経てマーケティング本部へ移り、プレジデント、レパード、フェアレディZの3車種の販促担当となる。毎日1個の販促策を提案せよと命ぜられ、年中、頭に汗をかき続け提案しては却下される日々が続く。
やがて日産系自動車ディーラーに出向し店長となるものの、6ヶ月間連続で目標未達状態に陥り、180日間、毎日巡回して来るエリア担当営業部長から皆の前で大声で叱咤罵倒され続け、食事が喉を通らない日々が続き体重が12キロ落ちる。

本社復職後、企画部に配属される。販売チャネルの統廃合計画策定を担当し毎日夜中に帰る日々が続く。マッキンゼー&カンパニー日本支社との共同プロジェクトに参加したことから戦略構築ノウハウを修得する。さらにコーチングファーム「コーチA」との職場活性化プロジェクトに参画したことから現場でのコンサルティングノウハウを修得する。
地域戦略部を経て再び系列ディーラーへ出向し、数年後に復職するもカルロス・ゴーン社長の率いる外資系企業に激変していることに驚愕する。ゴーン社長の下で「日産リバイバルプラン」の取り組みを開始する。その中で日産系大規模ディーラー販売店の業績改善コンサルティングに取り組み、年間業績55店舗中49位の超低迷店を10ヶ月後に「トップ3」店舗へと大変身させる。

大リストラの最中での閉塞感もあったが、このまま先の見えてしまったサラリーマンとして続けていくよりも、何かより充実感を感じられるような仕事をしたいと考えることが多くなる。そんな思いが強くなるにつれて、これまでのキャリアで何とかなると思い準備もせずに退社する。
しばらくは研修講師として生活費を稼いでいたが、あちこちの経営者交流会に顔を出していたことから、たまたまBMWジャパンの仕事を紹介され、BMW正規ディーラーの経営改善コンサルタントとなり売上げアップに取り組む。そんな中、ある正規ディーラーでは月間史上最高売上額を達成し、社長から褒美として焼肉をご馳走される。別の正規ディーラーでは、CSスコアを一気に2段階アップさせディーラー経営者とBMWジャパンを驚かせる。

並行して講演講師も務め、日本商工倶楽部を始め全国商工会議所、立教大学等々にて講演を行う。
また、全国3,000名の起業家集団であるパッションリーダーズ・アカデミーの公認講師を務める。
企業の現場での経営改善コンサルティングを行いながら着実にノウハウを蓄積する日々を続けてきたが、国産自動車メーカーと外国自動車メーカーの両方に携わることができたことは極めて運が良く、このことがオンリーワンの経験知となるとともに、両方のメーカーにおいて成功実績を数多く出してきたことが、自分の独自コンサルティングメソッドとして大きな自信となる。
そのような中で50歳を過ぎる頃から、これまで蓄積してきた経験知やオンリーワンのコンサルティングメソッドを広くビジネスパーソンに伝えたいとの思いから、「オンリーワン・コンサルタント養成アカデミー」を主宰し、日々数多くのオンリーワン・コンサルタントの輩出に力を注いでいる。


~講師の著書紹介~

普通のサラリーマンでもできる!「週末コンサル」の教科書
会社を辞めずに週末だけ活動して3ステップで独立をめざす!

コンサルタント志望の会社員を250人位上指導してきた講師が、自分の「強み」の見つけ方から、サービス・メニューの開発法、「刺さる営業ツール」の作り方、顧客獲得方法まで、徹底解説!

第1章 「週末コンサル」という生き方を知るための15の質問
第2章 「週末コンサル」を始めるにあたって最低限必要な知識
第3章 オンリーワン・ノックアウトコンテンツマニュアルの作り方
第4章 初対面の相手を惹きつける「刺さるツール」の作り方
第5章 「週末コンサル」顧客獲得法
第6章 「週末コンサル」の成功事例─アカデミー受講生の体験談を紹介

(PHP研究所より2017/2/10に出版)

開催概要

【受講料】5,800円(税込)

【講 師】鈴木誠一郎(すずき・せいいちろう)

【定 員】各回4名(先着順)

【東京会場】神保町 アンテレクトセミナールーム[地図
     東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビルヂング4階
    (神保町駅 A5出口 徒歩4分)

【大阪会場】アットビジネスセンター大阪梅田 707室[地図
     大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル7階
    (地下鉄四ツ橋線西梅田駅徒歩1分・JR東西線北新地駅徒歩1分/大阪駅徒歩6分)

『案件特化型コンサルタント育成セミナー』開催日程

ご参加希望の日程をクリックください。